訪れて くださったあなたに
   ありがとうの一言を
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
カシオペアの丘で(上)
評価:
重松 清
講談社
Amazonランキング: 315位
トシ、シュン、ユウちゃん、そして 紅一点のミッチョ。
4人の小学生は 丘の上にいた。
「この丘に 何が出来たらいいと思う?」「遊園地!」
 
カシオペアの丘と名付けた丘で 大人になった4人は再会する――――

4人の想い。川原さんやミウちゃんの想い
かなり 重い(シャレじゃないけど)
愛する家族を残して 逝ってしまう想い、残されたものの悲しみ、
自分を許せない切なさ
そんなものが 全部一緒になって ホント 泣いちゃったよ(^^ゞ
上下巻の大作。

遊園地のある炭鉱地・・・ そう、たぶん「北都市」というのは
夕張がモデルなのかなと 思わせる。
 comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://shikinote.jugem.jp/trackback/245
装画は本村加代子。装幀は大久保伸子。十二紙の新聞掲載後全面改稿。 北海道北都市。小学4年生のシュン・俊介、トシ・敏彦、ミッチョ・美智子、ユウ・雄司が集まった夜の丘。40歳目前でガン宣告を受けた俊介はあの日みんなで夢見
| 粋な提案 | 2007/10/30 16:50 |
<< NEW | TOP | OLD>>